人生を輝かせる『キレイ』が満載!

和泉佳子さん(前編)~キレイの哲学編~

2016年9月12日 公開

スキンケアやサプリメントなど、 ビューティアイテムの企画プロデュースを行う一方、 ファッションブランドのプロデュースも手掛け、 多方面で活躍中の和泉佳子さんに、Dr.衣理がインタビュー。 多忙な日々を支える“美の秘訣”を伺います。

PROFILE

ビューティブランド「エターナルボーテ 」を主宰。
オリジナルファッションブランド「エレクチュール」、「プリマシェレル」など、洋服やアクセサリー、靴のプロデュースも手掛ける。
2015・2016年ミスユニバース オフィシャルビューティーアドバイザーとして活躍。
趣味は旅行、食べ歩き、スパ巡り。



「結婚当初、主人からいわれた一言にショックを受けて。それが美容に本気で取り組むようになったきっかけです」...和泉さん

 (3361)

Dr.衣理

佳子さんとは当初はお友達としてお付き合いさせていただいていましたね。

和泉さん

はい。共通の趣味などがあって仲良くさせていただいていました。当時、30歳前後の時は美容への好奇心から美容皮膚科にも通ってはいましたが、目立った肌トラブルがなかったので、正直なところそんなに必要性を感じていませんでしたね。

でも、年齢を重ねてきて体調にも変化が現われるようになって…。それ以来、美容点滴やメディカルエステなどで、衣理先生にはお世話になっています。

Dr.衣理

そう、佳子さんは日産自動車のミス・フェアレディのコンパニオンをされていたこともあって、もともと肌はきれいでしたし。体型も大きな変化がないような気がします。
 (3362)

和泉さん

いえいえ、実は結婚した後が大変でした(笑)。私は24歳で結婚しているのですが、当時は女性だけの華やかな職場で、競い合うようにメイクアップやおしゃれをバッチリしていた時代。


でも、結婚を機に、専業主婦になって安心してしまったのか、1日中テレビを観たり、らくな部屋着ばかり着て過ごすようになって…。その時に主人から「こんな佳子と結婚したわけじゃない」と言われてしまい…。すごくショックでしたが、私自身もハッとして。主人には「お稽古でも趣味でもいいから外に出てみたら?」と言われ、当時20代後半だったのですが、一念発起して美容に取り組むようなりました。

Dr.衣理

佳子さんは完璧主義というか、スペシャリストでいらっしゃるから。それからの美容への取り組みは相当なもの(笑)。そういう点で佳子さんは職人気質ですね。

和泉さん

ありがとうございます。そう言っていただけて嬉しいです。衣理先生は女医さんのなかでも、“ザ・女医”というイメージといいますか、美容医療に本当にストイックに取り組んでいらっしゃって。美意識も高く、新しい治療もご自身で体験されてから、私に合うかどうかアドバイスしていただけるので信頼しています。

なので、最近は美容医療だけではなく、風邪をひいて体調が悪い時や、ちょっとした吹き出物ができたときも訪れてしまいますね。私にとっての駆け込み寺といいますか、“駆け込みクリニック”です(笑)。

ありがとうございます。そう言っていただけて嬉しいです。衣理先生は女医さんのなかでも、“ザ・女医”というイメージといいますか、美容医療に本当にストイックに取り組んでいらっしゃって。美意識も高く、新しい治療もご自身で体験されてから、私に合うかどうかアドバイスしていただけるので信頼しています。


なので、最近は美容医療だけではなく、風邪をひいて体調が悪い時や、ちょっとした吹き出物ができたときも訪れてしまいますね。私にとっての駆け込み寺といいますか、“駆け込みクリニック”です(笑)。


「年齢を重ねれば、自分を取り巻く環境にも変化が生じるのは当然。特に50代は女性にとって転機となるタイミング」...Dr.衣理

 (3360)

Dr.衣理

和泉さんは『25ans』のブログでも常にNo.1のアクセス数を維持していて、読者やファンの皆さんが注目しているのがわかります。更新もきちんと行っていますね。

和泉さん

はい。私は化粧品やファッションブランドの企画・開発を行っていますが、それらは私にとって仕事というより、女性として生きること、きれいでいることを楽しむことの表現だと思っていて。だから、ブログやSNSを通じて、その姿をお見せすることで、ひとりでも多くの女性にきれいになるきっかけを提供したいと考えています。


私は今年で47歳ですが、やっぱり何もしないできれいというのは不可能(苦笑)。肌や身体のお手入れやおしゃれを楽しむことで、年齢相応なきれいを維持していきたいと思っています。

Dr.衣理

ブログを更新する時に心掛けていることはありますか?

和泉さん

ネガティブなことは書かないように心掛けています。読者の方から「ブログを読んで前向きな気持ちになりました」とか、「読んでいて楽しいです」というお声をいただくたびに、特にそう思いますね。


日々の生活のなかで、もちろん辛いことや大変なことはありますが、 私には「辛いときこそ笑顔で」というポリシーがあります。だから、空元気であっても笑顔でいるような心に整えていきたい。ブログはそういう気持ちもサポートしてくれる手段となっています。

Dr.衣理

本当にそう。年齢を重ねていけば、自分を取り巻く環境にも変化が生じるのは当然ですからね。
体調だってそう。特に50代はホルモンの分泌が減少することで、年齢特有の不調が現われることがあります。

和泉さん

そうですね。体調にもゆらぎが現われますよね。

Dr.衣理

でも、佳子さんなら、それらの不調を受けとめつつも、前向きになるようベストを尽くすはず。
そして、それは女性にとってのアドバイスになると思います。
その不調をサポートする手段に、もちろん美容医療もある。私はそのサポートをしていきたいですね。

和泉さん

そう言っていただけて嬉しいです。
衣理先生は私よりも少しお姉さん。相談できる先輩がいると、本当に心強く思っています!

和泉佳子さんのきれいの哲学

 (3359)

“まつげの育毛”に欠かせない、イースペシャルの目もと美容液。

「イースペシャルのなかでも、私が特に愛用しているのは目もと美容液。
マスカラのようなブラシ状なので、まつげ1本1本をきれいに整えることができます。
就寝前に必ず使っていますね」。

イースペシャル プレミアム アイ&ラッシュ セラム 7g 8,640円/美人製造研究所
 (3358)

“毎日のありがとうを大切に。水の結晶に驚かされました。

「この本を読んでから、自分が発する言葉により注意するようになりました。周囲に対してはもちろん、愛犬もきちんと褒める。よく言霊と言われますが、言葉にも魂があるので、ネガティブな発言はせず、常にポジティブな言葉を発することで、きっと体内のお水もきれいな結晶になると考えています」。
水からの伝言vol.4 水はことばの鏡 江本 勝著 2,052円/ OFFICE MASARU EMOTO



45 件

関連する記事こんな記事も人気です♪

和泉佳子さん(後編)~キレイの習慣編~

ビューティアイテムからファッション...

キレイの履歴書

山本浩未さん(前編)~キレイの哲学編~

トップメイクアップアーティストとし...

キレイの履歴書

深澤亜希さん(前編)~キレイの哲学編~

さまざまな女性誌や美容誌で活躍して...

キレイの履歴書

森理世さん(前編)~キレイの哲学編~

2007年にメキシコで開催されたミ...

キレイの履歴書

この記事のキーワードキーワードから記事を探す