人生を輝かせる『キレイ』が満載!

夢咲ねねさん(後編)~キレイの習慣編~

2016年5月27日 公開

宝塚歌劇団の星組で、娘役トップ 夢咲ねねとして活躍。退団後、本名で活動を始めた赤根那奈さんにDr.衣理がインタビュー。前編に続き、今回は夢咲さんが輝く秘訣、“きれいの習慣”をお伝えします。

PROFILE

元宝塚星組トップ娘役・女優。

  • 2003年に第89期生として宝塚歌劇団入団。
  • 2009年に星組トップ娘役に就任し、「オーシャンズ11」、「ロミオとジュリエット」等で人気を博す。
  • 2015年に宝塚歌劇団を退団。
現在は4月からスタートするミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』への出演が控えている。



「ラジオ体操が好き。第二体操まで行うと、全身が活性する気がします」...夢咲さん

 (7)

Dr.衣理

インタビュー後半では、夢咲さんが実践されている“美の習慣”について伺います。
前回のインタビューでは無理な食事制限などはしないとお話されていましたね。

夢咲さん

そうですね。食べたいものを食べたい時に...という食生活です。
ただ、意識して摂っている食材には“玄米”がありますね。
正直、はじめは何がいいのかわからなかったのですが(笑)、食べていると体内の巡りが良くなる気がして。
歯ごたえがあり、とても噛み応えがあって。あの食感が好きで、よく食べています。

それから、朝食には必ず卵を食べています。
以前、アンチエイジングに良いと聞いたことがありまして。卵かけご飯なども大好物ですね。

Dr.衣理

卵は良質なタンパク質が摂れる、完全栄養食品ですからね。
エネルギー補給が必要な朝食での摂取は理想的ですね。では、エクササイズはされていますか?

夢咲さん

はい。ラジオ体操が好きで、毎朝実践しています。
特に、第一体操だけでなく、第二体操まで行うと、全身をくまなく活性化できる気がするんです。
ラジオ体操を行うと、身体が軽くなるので続けていますね。

「バリ島で日やけ止めを塗らなかったことで、ヒリヒリ肌に...」...夢咲さん

Dr.衣理

美容法で心掛けていることはありますか?

夢咲さん

今は美白ですね。実は宝塚時代、娘役トップになってしばらくして、自由を求めてバリに訪れたことがありまして...。
そこで、私は「肌を焼きたい!」って思ってしまったんです。

Dr.衣理

え? 娘役トップなのに!? 

夢咲さん

そうなんです...。宝塚の生活といえば、陽が出る前に楽屋入りして、その後は陽が落ちてから帰宅の毎日。
だから、肌は真っ白で、日やけしたいと思ってしまったんです。
バリに同行した同期は、日やけ止めを塗って、長袖を着たりと紫外線を完全防備の態勢だったのですが、私はプールで泳いでいれば平気~、と何も塗らずにのんきに泳いでいて。
水の中でも日やけすることを知らなかったんです...。

Dr.衣理

 (17)

夢咲さん

それは大変! ひどく日やけしたのでは?
もうヒリヒリして痛くなっちゃって、恥ずかしいくらいに日やけしてしまって。
しかも、帰国してからは小麦色になる予定が、どす黒い色になって(苦笑)。
それ以来、美白になる食べ物を摂取したり、ビタミンCを飲んだりと、白肌になるよう心掛けています。

Dr.衣理

宝塚の生徒さんはみなさん驚いていらしたでしょうね(笑)。
でも、バリに行って、充分に日やけをしてリフレッシュできたのでは?

夢咲さん

そうですね。自分を解放できたような気がして、とてもプラスの経験になりました。
海も空もきれい。そんな環境で時間を過ごせたことで、狭かった視野が広がって。
こういう時間も必要なんだなと実感しました。
リフレッシュして、自分をゼロに戻せたような気がします。

「夢咲さんが演じるヒロインこそ、“美人”の基準なのでしょうね」...Dr.衣理

 (35)

Dr.衣理

愛読している本として、ご持参いただいたのは
フランスの本ですね。

夢咲さん

はい。こちらは宝塚時代に「眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-」で演じた、ナポレオンの妻、ジョセフィーヌの生涯やライフスタイル、哲学を綴った書籍「女帝王妃ジョセフィーヌ」です。
こちらは友人から頂いた本で、作品でジョセフィーヌを演じる上でもとても参考になりました。

役作りのためにパリに行き、彼女が生活していた郊外にあるお城、マルメゾンも訪れたのですが、場内は未だにオーラや荘厳な雰囲気があって。ますます彼女の存在に魅了されました。

Dr.衣理

それほどまでに配役に引き込まれるとは。
ジョセフィーヌを演じて、人生観が変わったという経験はありましたか?

夢咲さん

時には諦めることも大切なことだと学びました。
なんというか、引く勇気と言いますか。
マイナスではなく、プラスの意味で諦めるということ。

ジョセフィーヌはナポレオンと出会って、
彼の魅力を知り、愛したにも関わらず、子どもができなくて。
それが原因でナポレオンから別れを告げられるのですが、ジョゼフィーヌはそれを察して、自ら身をひいて。

一般的にジョセフィーヌは浮気症で浪費癖が激しい女性として知られていますが、彼女のことを知れば知るほど、本質的には素晴らしい女性ということがわかりましたね。
このように、ヒロインからは学ぶことばかりです。

Dr.衣理

夢咲さんにとっての“美人”とは、おそらくヒロインのような女性なのでしょうね。

夢咲さん

そうですね。ヒロインを演じる上では、内からの輝きが、外にも影響を与えてしまうから。
だから、そんなに壮麗な衣装を着たとしても、心に余裕がなければ品格が出てこない。
普段から心に余裕をもつことで、清らかな心を維持したい、とそう思っています。

夢咲さんとの対談を終えて...

宝塚時代は娘役トップスターとして、華やかに活躍されていた夢咲さん。
いまは、その印象に加えて、夢咲さんにもともと備わっている透明感が引き出されているなと感じました。
ただ、ピュアな雰囲気の中にも、強さを秘めている夢咲さん。
さまざまな役を演じることで、息の長い女優さんとしてご活躍されることを
期待し、応援しています!

夢咲ねねさんのきれいの習慣

絵画が豊富に掲載されている、女帝王妃ジョセフィーヌの本。

 (52)

「何度も読み返して、ジョセフィーヌを演じる際の参考にしました」。
Joséphine impératrice  de Bernard Chevallier著/CHENE HISTOIRE

娘役トップのプレッシャーを癒してくれたバリ島

 (55)

「なぜバリを選んだかというと、自由とかリゾートを考えた時にバリが浮かんだから(笑)。何もしないでホテルの中でゆったり過ごした時間に癒されました」

日々の食事に欠かせないのが、発芽玄米と卵!

 (58)

「以前は自分の血液型と相性が良い食べ物を食べていた時期もありましたが、今は食べたいもの、身体が欲しているものを摂取するようにしています。卵はたまごかけご飯にして食べています!」
58 件

関連する記事こんな記事も人気です♪

桜乃彩音さん(後編)~キレイの習慣編~

宝塚歌劇団の花組トップ娘役を経て、...

キレイの履歴書

黒崎えり子さん(後編)~キレイの習慣編~

ネイル業界をリードするトップネイリ...

キレイの履歴書

内山しのぶさん(後編)~キレイの習慣編~

数々の人気女性誌の編集長を経て、2...

キレイの履歴書

深澤亜希さん(後編)~キレイの習慣編~

さまざまな女性誌や美容誌で活躍して...

キレイの履歴書

この記事のキーワードキーワードから記事を探す